交通事故に遭ったらできるだけ早く弁護士に相談を

交通事故に遭ってしまったら、損害賠償の請求についていろいろすることがあります。

しかし、多くの方は相談する人がいない・何から始めればいいのか全くわからないといった不安を抱えてしまいます。

交通事故を警察に届けても、見分が終われば警察の介入はないのが一般的ですから、その先は当事者同士での話し合いつまり示談交渉で決定していくことになります。


交通事故の被害者は心身や持ち物に大きな損害を受けていますし、ケースによっては後遺障害として認定される可能性もあります。
示談交渉ではこれらの損害について賠償請求する金額も決めていきますが、双方の言い分や過失の割合なども関わってきますので知識がないと交渉そのものがとても困難です。


加害者側からは自動車保険の加入先の損保会社の担当が示談交渉にあたり、先方は示談のプロなので提示される金額が正当かどうかを見極めるだけでもかなり難しいものがあります。


そこで交通事故の被害者は、できるだけ早く示談交渉を代行してくれる弁護士の先生を探して相談するのが一番適切な対応です。
保険会社との交渉が暗礁に乗り上げたり、治療費用を打ち切ることを宣告されるなどの事態になってからではなく、事故後なるべく早い段階で弁護士の先生に相談しておけば被害者に有利なアドバイスがいろいろもらえて安心です。

Girls Channelのことなら、こちらをご参考にしてください。

例えば慰謝料の請求額は、先方の提示する自賠責保険基準ではなく弁護士基準で計算してもらえればより高額な賠償金を請求できます。



また後遺障害についても、先に弁護士の先生に相談していれば認定等級の申請についてのアドバイスももらえてひとりで交渉するよりも数倍の賠償金がもらえることも少なくありません。

交通事故の慰謝料の有益な情報の紹介です。